メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福塚前遺跡

発掘調査 周溝や土坑墓跡確認 一宮 /愛知

 一宮市博物館は、福塚前遺跡(同市今伊勢町馬寄)の発掘調査で古墳周溝4カ所と土坑墓とみられる跡2カ所を確認したと発表した。5世紀ごろや12~13世紀ごろの古墳時代、中世時代の土師器(はじき)や須恵器、山茶碗(ぢゃわん)といった破片が多数見つかったほか、糸を紡ぐのに用いられた紡錘(ぼうすい)車が1個見つかった。

 古墳の外側に巡らせた周溝4カ所のうち、広いところでは4メートル程度の幅があった。紡錘車は、おもりと…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです