メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
MAINICHI芸術食堂

映画「迫り来る嵐」 心の内こそミステリー /愛知

 中国の映画市場は、今や米国を抜いて世界第1位に躍り出る勢いだという。製作本数においても日本を凌(しの)ぐ“映画大国”から、重厚かつ切なく衝撃的な本格サスペンス&人間ドラマがやってきた。東京国際映画祭で最優秀男優賞と芸術貢献賞の2冠に輝き、アジア・フィルムアワードの新人監督賞、上海映画批評家協会賞では新人脚本賞を受けた「迫り来る嵐」が、いよいよ名古屋で公開される。

 中国の田舎町にそびえ立つ古い国営製鋼所で警備員をしているユィ(ドアン・イーホン)は、近くで発生した…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文988文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです