美榛苑

一時休館へ 指定管理者公募、宇陀市が条件を再検討 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇陀市は市営温泉宿泊施設「美榛苑(みはるえん)」を4月から半年程度、一時休館する方針を決めた。市は来年度以降の指定管理者を再三公募してきたが応募がなく、運営継続のめどが立たないため。市は公募の条件を再検討した上で、営業再開を目指す。

 美榛苑の2017年度の宿泊などの利用者数は約12万6000人で、売上額は約3億6000万円。4月以降の宿泊予約も131人、合宿予約などが10件程度入っている。休館しても、維持管理だけでも半年で…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集