メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

りょうま駅長、安らかに 広島・志和口駅でお別れ会 /広島

子猫の時にりょうまに育てられた「ポア」も、住民やファンとともにお別れを告げた。ホームには、西日本豪雨で動けなくなった電車が残る=広島市安佐北区のJR芸備線志和口駅で、菅沼舞撮影

 西日本豪雨で一部運休が続くJR芸備線志和口駅(安佐北区)の「駅長猫」で、12日に死んだ「りょうま」(雄、推定14歳)のお別れの会が14日、同駅で開かれた。周辺住民やファンら約100人が訪れ、最後の別れを告げた。

 駅舎内に設けられた祭壇には、元気だった頃のりょうまの姿を納めた遺影と、専用の駅長帽が飾…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです