メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR四国

「ものがたり列車」3例目、20年春運行へ 高知-窪川駅間、土日祝各1往復 /高知

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の車両イメージ=JR四国提供

志国土佐時代(トキ)の夜明け

 JR四国(高松市)は、県内限定の観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」を2020年春ごろから運行する。車内でグルメなどを楽しみながら四国各地を巡る同社の観光商品「ものがたり列車」の一つで、今回で3例目。

 JR四国は既に「伊予灘ものがたり」(愛媛県、2014年から)と「四国まんなか千年ものがたり」(香川県-徳島県、17年から)の2車両を商品化している。いずれの「ものがたり列車」も利用率9割以上(17年度)と好評で、同社は県内の運行も収益が見…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです