メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寺島宗則旧家

観光名所に 功績たどる見学ツアー /鹿児島

 幕末・明治に日本の近代化に貢献した寺島宗則(1832~93年)が少年時代を過ごした鹿児島県阿久根市脇本の旧家を展示施設化しようと改装工事が進む中、市主催の見学会があり、32人が参加した。

 寺島は6、7歳の頃にオランダ語を学ぶため長崎へ赴くまでの数年間を旧家で過ごした。幕末には薩摩藩士を率いて英国に留学。長崎と上海やロシアを…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです