メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 3択で問う 県民投票が告示 24日投開票

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票が14日、告示された。「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で県民の意思を問い、24日に投開票される。最も多かった選択肢の票数が投票資格者総数(13日現在で115万6295人)の4分の1(約29万票)に達した場合、知事に尊重義務が課せられ、知事は首相と米大統領に結果を通知する。ただ、結果に法的拘束力はなく、政府は投票結果にかかわらず移設工事をそのまま進める方針だ。

 沖縄で県民投票が実施されるのは、日米地位協定の見直しと米軍基地の整理縮小の賛否が問われた1996年…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1603文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃
  2. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  5. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです