メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 3択で問う 県民投票が告示 24日投開票

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票が14日、告示された。「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で県民の意思を問い、24日に投開票される。最も多かった選択肢の票数が投票資格者総数(13日現在で115万6295人)の4分の1(約29万票)に達した場合、知事に尊重義務が課せられ、知事は首相と米大統領に結果を通知する。ただ、結果に法的拘束力はなく、政府は投票結果にかかわらず移設工事をそのまま進める方針だ。

 沖縄で県民投票が実施されるのは、日米地位協定の見直しと米軍基地の整理縮小の賛否が問われた1996年…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです