メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 沖縄県民投票、圧勝狙う反対勢力 焦点は投票率 50%割れば「民意と言えぬ」批判も

チラシを配って県民投票への参加を呼びかける沖縄県の玉城デニー知事=那覇市で2019年2月14日午後4時57分、津村豊和撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否について県民が直接の民意を示す県民投票が14日告示された。移設に反対する「オール沖縄」勢力は「圧勝」を狙い、投票の呼び掛けに躍起だ。結果は4月の衆院沖縄3区補選や夏の参院選に影響を与える可能性もある。政府は表向きは平静を装いながら、24日の投票結果を注視する。【遠藤孝康】

 「県民の皆様が埋め立てへの考えを率直に投票で表していただきたい」。沖縄県の玉城(たまき)デニー知事…

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです