連載

クローズアップ2019

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2019

同性婚、不平等を問う 全国で一斉提訴 制約残る、パートナー制 家族多様化、25カ国容認

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
法律婚、事実婚、パートナーシップ証明の違い
法律婚、事実婚、パートナーシップ証明の違い

 同性同士の結婚が認められないのは「婚姻の自由」や「法の下の平等」を定めた憲法に違反するかどうかを正面から問う裁判が、14日起こされた。憲法や民法の制定当時は想定されていなかった「同性婚」を、法的にどう位置付けるべきか。裁判所は、当事者が被る不利益の大きさや社会の家族観の変化、世界の潮流などを勘案しながら判断することになるとみられる。

 同性のカップルが婚姻届を提出しても、今は自治体に受理してもらえない。民法や戸籍法で使われる「夫婦」は男女を意味し、同性同士は適合しないと、政府が判断しているからだ。

この記事は有料記事です。

残り1863文字(全文2114文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集