メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

同性婚、不平等を問う 全国で一斉提訴 制約残る、パートナー制 家族多様化、25カ国容認

法律婚、事実婚、パートナーシップ証明の違い

 同性同士の結婚が認められないのは「婚姻の自由」や「法の下の平等」を定めた憲法に違反するかどうかを正面から問う裁判が、14日起こされた。憲法や民法の制定当時は想定されていなかった「同性婚」を、法的にどう位置付けるべきか。裁判所は、当事者が被る不利益の大きさや社会の家族観の変化、世界の潮流などを勘案しながら判断することになるとみられる。

 同性のカップルが婚姻届を提出しても、今は自治体に受理してもらえない。民法や戸籍法で使われる「夫婦」…

この記事は有料記事です。

残り1896文字(全文2114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです