メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

イラン革命40年=西川恵

 <kin-gon>

 イラン革命から40年。西暦の末尾に「9」がつく年は世界的に大きな出来事が起きているが、1979年2月11日に王制を倒したイラン革命もその一つだ。

 80年代初頭、特派員として約2年間、首都テヘランで暮らした。革命の混乱が続き、その虚を突いたイラク軍の侵略で、内憂外患の時期だった。国際社会の経済制裁で孤立し、食料品は乏しく、革命組織の監視もあって生活は厳しかった。それでもこの国の底力を肌で感じた日々だった。

 底力とは、誤解を恐れず言えば「民度」の高さだ。革命の時もそうだが、抑圧に対してそれをはね返そうとす…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです