メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

イラン革命40年=西川恵

 <kin-gon>

 イラン革命から40年。西暦の末尾に「9」がつく年は世界的に大きな出来事が起きているが、1979年2月11日に王制を倒したイラン革命もその一つだ。

 80年代初頭、特派員として約2年間、首都テヘランで暮らした。革命の混乱が続き、その虚を突いたイラク軍の侵略で、内憂外患の時期だった。国際社会の経済制裁で孤立し、食料品は乏しく、革命組織の監視もあって生活は厳しかった。それでもこの国の底力を肌で感じた日々だった。

 底力とは、誤解を恐れず言えば「民度」の高さだ。革命の時もそうだが、抑圧に対してそれをはね返そうとす…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです