メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

空手「形」なぜ採点制? 旗判定分かりにくく 数値化で透明性高め=回答・松本晃

1月の国際大会決勝での清水選手の得点

 なるほドリ 2020年の東京五輪で採用される空手って、点数で勝敗が決まるようになったの?

 記者 演武(えんぶ)の出来栄えを競う「形(かた)」で、今年から採点方式を導入しました。以前は審判員5人による「旗判定」でした。新ルールでは審判員が7人に増え、姿勢や正確性などの「技術点」、スピードや力強さ、バランスを見る「競技点」を各10点満点(最低点5点で、0・2点刻み)で採点します。7人のうち、上下2人ずつの点を除いた真ん中の3人の点数の合計点で争います。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです