桜田・五輪担当相

「五輪まで在任か首相判断」 「憲章読んだ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で自身の答弁で審議が止まり、与党議員や事務方と協議する桜田義孝五輪担当相(中央)=国会内で2019年2月14日午後4時20分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で自身の答弁で審議が止まり、与党議員や事務方と協議する桜田義孝五輪担当相(中央)=国会内で2019年2月14日午後4時20分、川田雅浩撮影

 桜田義孝五輪担当相は14日の衆院予算委員会で、2020年東京五輪・パラリンピックの開催時まで担当相を続けるかを問われ「私が望んでもできない場合もある。私を任命する人の判断による」と述べ、安倍晋三首相が決める問題だとの認識を示した。また13日の予算委で「読んでいない」としていた五輪憲章を読んだかを問…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

あわせて読みたい

注目の特集