メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

冷え込む日韓関係 「解決済み」超える努力を=堀山明子(ソウル支局)

2018年11月29日、三菱重工に賠償を命じる最高裁判決後、喜ぶ韓国の元徴用工や元女子勤労挺身(ていしん)隊員ら。昨年10月以降、日本企業に賠償を命じる判決が相次いでいる=ソウル市内の最高裁前で堀山明子撮影

 昨年10月末に韓国最高裁が徴用工問題で日本企業に賠償を命じて以来、日韓関係は一気に冷え込んだ。負の循環は経済、防衛分野にまで拡大、韓国国会議長の「天皇謝罪発言」も波紋を広げる。日本政府は判決に対し「1965年の国交正常化以来築いてきた友好協力関係の法的基盤が根本から覆された」(河野太郎外相)と、全面対決の姿勢だ。基盤が揺らいでいるのは事実だろう。ただ、65年の日韓条約を強調するあまり、その後の両国の努力と実績を軽視する議論に陥っていないか心配だ。

 旧正月の連休に入った今月初め、私は一時帰国して成田空港から電車に乗った。隣に座った韓国人の女子高校…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです