メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

年1.4%増 中国減速で先行き暗雲 18年10~12月

港に積まれたコンテナ=神戸市中央区で2018年、本社ヘリから猪飼健史撮影

 内閣府が14日発表した2018年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期(18年7~9月期)比0・3%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1・4%増と、2四半期ぶりにプラス成長に転じた。昨年7~9月期に発生した豪雨や地震など自然災害の影響がなくなったことが要因だが、中国経済の減速で輸出が伸び悩むなど景気の先行きには暗雲が垂れこめている。【大久保渉、柳沢亮】

 「急速に景気が悪くなっているのが分かる」。中小企業が集まる東京都大田区。電子部品製造「インパクト」の平船淳社長は、ここ数年の景気回復に急ブレーキがかかったと感じている。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです