メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 神戸FW・ビジャ、一貫性で「バルサ化」

インタビューに応じるビジャ=丹下友紀子撮影

 22日にサッカーのJリーグが開幕する。今季の補強の目玉となったのが神戸に加入した2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の優勝メンバーでスペイン代表最多となる通算59得点のFWダビド・ビジャ(37)だ。現状と神戸の目指すバルセロナ化について聞いた。【丹下友紀子】

 --(チリ代表アシスタントコーチなどを務めた)リージョ監督の下でのシーズンになる。

 ◆リージョ監督は本当にファンタスティックな考えの持ち主。監督は学校の先生みたいなもので、サッカーのやり方から、いろいろなことを与えてくれる存在だと思っている。偉大な監督から最大限に学び、チーム全体の利益につながるように目的を達成できる振る舞いをしていきたい。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです