メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 対立「終止符を」 県民投票告示 沖縄、揺れる民意

米軍普天間飛行場移設のための埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部=14日午前、小型無人機で撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票が14日に告示された。政府が昨年12月に土砂投入してからちょうど2カ月。24日の投開票を前に、長年にわたって国策に翻弄(ほんろう)され続けてきた辺野古周辺の住民の思いは交錯する。【佐野格】

 辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前では14日朝から抗議する市民らが座り込んだ。反対の投票を呼びかける団体の集会があり、県内小売り・建設大手「金秀グループ」の呉屋守将(ごやもりまさ)会長が「ウチナーンチュ(沖縄の人)の対立に終止符を打つのが今回の県民投票だ。これ以上の基地負担はもう結構だというメッセージを送ろう」と訴えた。

 辺野古の対岸に暮らす測量士の渡具知武清さん(62)も集会に参加し、拳を突き上げた。

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです