元徴用工訴訟

原告側、差し押さえ警告 被告企業に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ソウル堀山明子】韓国人元徴用工による日本企業に対する損害賠償訴訟で、韓国最高裁で勝訴判決が確定した原告側弁護士は14日、ソウル市内の在韓日本大使館前で記者会見し、15日に被告企業の新日鉄住金、三菱重工、不二越の東京本社を訪れ、協議に応じなければ韓国国内の資産の差し押さえ手続きを進める方針を明らかにした。…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

ニュース特集