メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中が「覚書」作成で合意 閣僚級通商協議終える

 【北京・赤間清広、ワシントン中井正裕】米中両政府は15日、北京で2日間にわたって開いた閣僚級通商協議を終えた。米ホワイトハウスは協議後に発表した声明で、3月1日の交渉期限に向け、両政府が「覚書」を交わすことで合意したと明らかにした。中国の対米貿易黒字削減や市場開放などの合意事項を明文化し、中国側に約束の履行を迫る狙いがあるとみられる。

 米国側は、中国の貿易黒字削減に加え、外国企業に対する技術移転の強制や、知的財産権侵害など中国の構造…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです