メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「イラン包囲網」閣僚級会合に60カ国 独、仏は不参加、米国との温度差鮮明に

イスラエルのネタニヤフ首相(左)と握手をするペンス米副大統領=ポーランドの首都ワルシャワで2019年2月14日、ロイター

 【ウィーン三木幸治】米政府は13、14日にポーランドで中東の安全保障問題を協議する閣僚級会合を開いた。シリアなどで影響力を強めるイランへの国際的な「包囲網」を強化するのが狙いで、会議には歴史的に対立してきたイスラエル、アラブ諸国を含めた約60カ国が参加した。だが、イランとの核合意を重視する独、仏は外相派遣を見送るなど、米国と欧州の温度差が鮮明になった。

 「中東の平和と安定にとって、最大の脅威がイランだ」。米国のペンス副大統領は演説で、激しくイランを非…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです