メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万博建設費、初計上 「夢洲」整備に57億円 大阪市19年度予算案

大阪市の2019年度主な成長戦略関連事業

 大阪市は14日、2019年度当初予算案を発表した。25年の大阪・関西万博の会場建設費の一部1億3600万円を初めて計上したほか、万博やカジノを含む統合型リゾート(IR)の予定地「夢洲(ゆめしま)」(此花区)の整備費として、57億7300万円を盛り込んだ。今年6月に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議関連では、会場整備や防災・危機管理対策に計11億3400万円を充てる。

 万博の会場建設費は全体で1250億円を見込む。国、大阪府・市、経済界で3等分するため、市の負担分は…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです