メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爆発的ブーム「アイス・バケット・チャレンジ」その後 難病ALS支援 今月には新薬も

IBCの寄付金を生かした研究の進展について発表する慶応大の岡野栄之教授(左)と見守るALS患者ら=東京都千代田区で2019年2月2日、荒木涼子撮影

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者支援のため2014年の夏、動画投稿サイトを中心に盛り上がった「アイス・バケット・チャレンジ(IBC)」運動。批判もあり、やがて下火になったものの寄付は細々と続き、2月下旬には寄付金を生かした研究が新薬候補を患者に投与する段階まで進むという。爆発的ブームの「その後」と、関係者の思いとは。【荒木涼子】

 「勇気づけられた」。東京都内で2日、一般社団法人日本ALS協会が開いた講演会。自身も患者の嶋守恵之…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1205文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです