メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

爆発的ブーム「アイス・バケット・チャレンジ」その後 難病ALS支援 今月には新薬も

IBCの寄付金を生かした研究の進展について発表する慶応大の岡野栄之教授(左)と見守るALS患者ら=東京都千代田区で2019年2月2日、荒木涼子撮影

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者支援のため2014年の夏、動画投稿サイトを中心に盛り上がった「アイス・バケット・チャレンジ(IBC)」運動。批判もあり、やがて下火になったものの寄付は細々と続き、2月下旬には寄付金を生かした研究が新薬候補を患者に投与する段階まで進むという。爆発的ブームの「その後」と、関係者の思いとは。【荒木涼子】

 「勇気づけられた」。東京都内で2日、一般社団法人日本ALS協会が開いた講演会。自身も患者の嶋守恵之…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1205文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです