メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省幹部の国立大理事としての出向を半減へ 天下りあっせんが問題化

文部科学省=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

 柴山昌彦文部科学相は15日の閣議後記者会見で、今年4月に国立大学法人へ理事として出向する文科省幹部を半減させる方針を明らかにした。文科省は運営費交付金を出すなど、大学に対して大きな権限を持つ。17年には文科省幹部の組織的な天下りのあっせんが問題化しており、柴山文科相は「(幹部の出向は)透明性に疑義…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  2. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです