メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

和製オーベルジュ「徳山鮓」の主人、徳山浩明さんとのトーク拡大版

「徳山鮓」主人・徳山浩明さん(左)と桂南光さん。南光さんは鮒鮓のほか、冬は熊鍋、夏はウナギもお目当てに通う=滋賀県長浜市で2019年1月30日午後2時半、小出洋平撮影

 琵琶湖の北に位置する小さな湖、余呉湖の湖畔にある「徳山鮓(ずし)」(滋賀県長浜市)は、国内外の美食家が注目する和製オーベルジュ。おいしいものに目がない桂南光さんも常連の一人です。メインの「鮒鮓(ふなずし)」をはじめ、南光さん感激の品々を生み出すのは、地元出身の主人、徳山浩明さん。発酵との出合いをきっかけに、唯一無二の道を歩んできた徳山さんに話を聞きました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り3640文字(全文3829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです