メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる3月号(2019年2月15日発売)

定価450円

[PR]

<巻頭特集>

    ★もっと知りたい! 天皇の祭り

    いよいよ5月に新天皇が即位します。秋には、代替わりに伴う「即位の礼」「大嘗祭」が目白押し。まるで時代絵巻のような一世一度の儀式に注目したいものですね。

    この特集では、平成の代替わりの写真、まんが、図表を盛りだくさんに掲載し、儀式の意味合いや国民とのかかわりについて解説します。「天皇ってどういう存在だろう?」とご家族で話し合うきっかけにご利用ください。一連の儀式・皇室行事のガイドとしてもどうぞ。

    ★大波乱? 亥年選挙

    今年は「選挙イヤー」。4年ごとの統一地方選と3年ごとの参院選が12年おきの「亥年」に重なるためです。亥年選挙は波乱が起こるといわれていますが、どうなるでしょう?  この機会に、テストに出やすい選挙について整理しておくことをおすすめします。

    ★桜のヒミツ大研究

    日本の春のシンボル、桜。有名なソメイヨシノ以外にもさまざまな種類があり、私たちを楽しませてくれます。近年は温暖化のせいで、開花時期が早まっているそうです。

    ★どうなる? 日本のクジラ漁

    クジラの資源管理をする国際捕鯨委員会(IWC)から日本が脱退を表明し、7月から商業捕鯨を再開します。捕鯨は歴史ある日本の文化ですが、今後のなりゆきが気になります。

    ★シリアからアメリカ軍 撤収を表明

    内戦下のシリアからアメリカ軍が引き揚げることになりました。過激派組織をほぼ潰滅させたということですが、シリア国内はいまだ危険な状態。難民もたくさん出ています。

    ★行き詰まる原発輸出

    日本政府が進めていた「世界への原発輸出」が白紙状態になりました。手厚い安全対策が必要で、各国から敬遠されたためです。世界の潮流は自然エネルギー重視に向かっています。

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★定価450円。書店でどうぞ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

    2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

    4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

    5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです