メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(57)「一流主義」を貫いて

記者会見に臨むポリーニ=1981年4月

 ソ連のバレエ団招請で足元をすくわれた形の新芸術家協会であったが、1980~81年に手がけた外来アーティストの主な顔ぶれを見ると、最期まで王道を行く音楽事務所であったことがうかがえる。

1980年=パリ八重奏団、W・シュルツ(フルート)、ウィーン室内アンサンブル、オブラスツォワ(メゾ・ソプラノ)、ジュリアード弦楽四重奏団、ベルリン放送交響楽団(指揮:E・ラインスドルフ)、ドイツ・バッハソリステン(指揮:ヴィンシャーマン)、ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(指揮:マゼール、ベーム)、デームス(ピアノ)

1981年=リヒテル(ピアノ)、ベルリン・フィルハーモニー・ゾリステン木管四重奏団、ポリーニ(ピアノ…

この記事は有料記事です。

残り2454文字(全文2772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです