メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(57)「一流主義」を貫いて

記者会見に臨むポリーニ=1981年4月

 ソ連のバレエ団招請で足元をすくわれた形の新芸術家協会であったが、1980~81年に手がけた外来アーティストの主な顔ぶれを見ると、最期まで王道を行く音楽事務所であったことがうかがえる。

1980年=パリ八重奏団、W・シュルツ(フルート)、ウィーン室内アンサンブル、オブラスツォワ(メゾ・ソプラノ)、ジュリアード弦楽四重奏団、ベルリン放送交響楽団(指揮:E・ラインスドルフ)、ドイツ・バッハソリステン(指揮:ヴィンシャーマン)、ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(指揮:マゼール、ベーム)、デームス(ピアノ)

1981年=リヒテル(ピアノ)、ベルリン・フィルハーモニー・ゾリステン木管四重奏団、ポリーニ(ピアノ)、スターン(ヴァイオリン)、ミュンヘン・バッハ管弦楽団&合唱団(指揮:ギュンター・イェーナ)

この記事は有料記事です。

残り2407文字(全文2772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです