メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(57)「一流主義」を貫いて

記者会見に臨むポリーニ=1981年4月

 ソ連のバレエ団招請で足元をすくわれた形の新芸術家協会であったが、1980~81年に手がけた外来アーティストの主な顔ぶれを見ると、最期まで王道を行く音楽事務所であったことがうかがえる。

1980年=パリ八重奏団、W・シュルツ(フルート)、ウィーン室内アンサンブル、オブラスツォワ(メゾ・ソプラノ)、ジュリアード弦楽四重奏団、ベルリン放送交響楽団(指揮:E・ラインスドルフ)、ドイツ・バッハソリステン(指揮:ヴィンシャーマン)、ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(指揮:マゼール、ベーム)、デームス(ピアノ)

1981年=リヒテル(ピアノ)、ベルリン・フィルハーモニー・ゾリステン木管四重奏団、ポリーニ(ピアノ…

この記事は有料記事です。

残り2454文字(全文2772文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. タイで振り込め詐欺 容疑の15人全員を警視庁が逮捕 日本移送中の機内で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです