メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

HSBCの社員向けバレンタイン企画、男女差別との非難殺到

 2月14日、英金融大手HSBCが、香港の従業員の男性にディスカウント価格でラップトップ・コンピューターを、女性に掃除機とキッチン用家電を提供するバレンタインデーの企画を打ち出したところ、性差別的だとして批判が巻き起こっている(2019年 ロイター/Bobby Yip)

 [ロンドン 14日 ロイター] - 英金融大手HSBCが、香港の従業員の男性にディスカウント価格でラップトップ・コンピューターを、女性に掃除機とキッチン用家電を提供するバレンタインデーの企画を打ち出したところ、性差別的だとして批判が巻き起こっている。

     この企画には、香港とロンドン双方の従業員から批判が上がった。

     数ページにわたるキャンペーンの広告は明らかに他社がプロデュースしたもので、ピンクのハートをあしらったページに香港の従業員向けに多彩なディスカウント製品を掲載。「彼のために」(FOR HIM)の項にはラップトップ・コンピューターやGoProカメラ、ワイヤレスヘッドフォンなどが並んでいる。一方、「彼女のために」(FOR HER)のところには、5種類の掃除機やブレンダーなどが掲載されている。

     HSBCの広報担当者はロイターに、このオファーは他社よるもので、HSBCは職場におけるジェンダーの多様性に取り組んでいると説明した。

     銀行を含む広範囲な業界では、性差別主義や男女の賃金格差を巡る議論が広がっている。

     HSBCは昨年12月、18年度の男女の平均時給の差は61%となり、前年度の59%から拡大したことを明らかにした。英銀行大手における2017年の男女の賃金格差は、4万人超を雇用するHSBCが最大だった。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
    2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
    3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
    4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
    5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです