メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

英国人が最も幸福なのは10代と定年時期=統計分析

2月13日、英独立系シンクタンク、レゾリューション・ファンデーションが発表した統計分析で、英国人が最も幸福と感じる年齢は16歳と70歳であることが分かった。写真は2017年11月に撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

 [ロンドン 13日 ロイター] - 英独立系シンクタンク、レゾリューション・ファンデーションが13日に発表した統計分析で、英国人が最も幸福と感じる年齢は16歳と70歳であることが分かった。

     分析では、10代の英国人は20代に比べてすべての主観的幸福のレベルが上となった。一方、50代半ばから定年に向かう時期には、主観的幸福の全項目で急上昇が見られた。

     この分析は「いま幸福ですか」と題され、国立統計局(ONS)が2011年にキャメロン政権下で統計を開始した主観的幸福についての7年分のデータを分析した。

     その結果、定年後世代の多くが20代より幸福度が高く、自尊心が強かった。

     幸福度はまた、雇用、身体の健康、住宅の所有、パートナーがいること、女性であることによっても上昇すると分かった。

     地域別では、北アイルランドの住民が、幸福度、満足度、生きがいにおいてトップ、ロンドンの住民は幸福度意外の全項目で最下位だった。

     レゾリューション・ファンデーションの研究・政策アナリスト、ジョージ・バンガム氏は、「この重要な指標は、1国の国内総生産(GDP)よりも生活のほうが意味を持つ一方で、我が国経済の背後に存在する雇用や収入傾向も、幸福度に大きな違いを生じさせる可能性があることを示している」と述べた。

     また「幸福度上昇に関心をもつ政策担当者が増えていることは心強い。経済の中核政策が効果的な幸福度上昇につながることが示された」とした。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
    2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
    3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
    4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
    5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです