メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

536 「はやぶさ2」22日にリュウグウ着陸へ

息づまる精度向上の技術

 探査機「はやぶさ2」は、2月22日に小惑星(しょうわくせい)「リュウグウ」に着陸し、第1回のサンプル採取に挑(いど)むことになりました。チームはその準備に余念がありません。そこで、今回は、着陸点を最終的に決めるまでのチームの苦労を話しておきましょう。

 「はやぶさ2」チームは、昨年10月に行った降下リハーサルで、着陸の際の目印として投下したターゲットマーカー(TM)の位置を目安とし、その近くで最適の着陸点を求め、これまでの撮影(さつえい)画像を丁寧(ていねい)に調べていきました。何しろどこもかしこも岩だらけの表面なので難航しましたが、最終的に目標の候補が2カ所に絞(しぼ)られました。

(1)TMの北西側にある幅(はば)約12メートルの地域(図1の赤い線の部分)

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1374文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです