メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo ひな人形「平成劇場」

 扇子を手に踊るディスコのお立ち台、長野五輪のスキージャンプ、崩壊したベルリンの壁。岐阜県郡上市八幡町の「博覧館」で約100体のひな人形が平成時代の出来事を再現し、躍動感あふれる動きと豊かな表情が見る者を思わず笑顔にさせている。

 子供の成長や生活スタイルの変化に伴い処分されるひな人形を集め、可動する手足を利用して日常生活をユーモラスに表現する「福よせ雛(びな)プロジェクト」の展示だ。

 名古屋市内の主婦らが「関わる全ての人たちに福が来るように」と2011年に発案。毎年3月3日のひな祭り前後に各地で展示し、東海地方を中心に広がってきた。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです