メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo ひな人形「平成劇場」

 扇子を手に踊るディスコのお立ち台、長野五輪のスキージャンプ、崩壊したベルリンの壁。岐阜県郡上市八幡町の「博覧館」で約100体のひな人形が平成時代の出来事を再現し、躍動感あふれる動きと豊かな表情が見る者を思わず笑顔にさせている。

 子供の成長や生活スタイルの変化に伴い処分されるひな人形を集め、可動する手足を利用して日常生活をユーモラスに表現する「福よせ雛(びな)プロジェクト」の展示だ。

 名古屋市内の主婦らが「関わる全ての人たちに福が来るように」と2011年に発案。毎年3月3日のひな祭…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです