メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

フルーツ宅配便 極限の「欲」の世界

第7話(22日深夜放送)は咲田(濱田岳=左から3人目)がトラブルに巻き込まれる。右から2人目がミスジ(松尾スズキ) (C)鈴木良雄・小学館/「フルーツ宅配便」製作委員会

フルーツ宅配便 テレビ東京系=金曜深夜0時12分など

 ネットの動画配信が本格化するにつれ、連続ドラマの需要が高まっている。回数が多く作品の時間が長い連ドラは、有料会員の獲得や定着に結びつきやすいと考えられているからだ。そのため配信サービス側が制作段階から関わる作品が深夜帯を中心に増加。特にテレビ東京は、チャレンジングな意欲作が目立つ。

 今季の深夜ドラマで一押しは「フルーツ宅配便」。題名は派遣型風俗店の店名だが、どぎつい描写があるわけではない。映画監督の白石和弥らが極限の「欲」の世界で生きる男女を描いた人間ドラマだ。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです