メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

「虐殺」が起こった街

 昨年3月、ボスニア・ヘルツェゴビナ東部のスレブレニツァを訪れた。ボスニア紛争末期の1995年7月、セルビア人武装勢力が7000人以上のイスラム教徒を虐殺した場所だ。

 墓地には「無実」を意味する数千の白い墓標が、聖地メッカの方角を向いて整然と並んでいた。墓地に埋葬されたのは約6500人。近くの高齢者は周辺の森の散策を日課としている。…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです