メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチオシ本

高校生向け、司書が発表 きょうから57書店フェア /埼玉

 県内の高校図書館司書の有志が、過去1年間に出版された本の中から高校生に読んでほしい本を選ぶ「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2018」が15日に発表された。1位には、土屋健さん著・群馬県立自然史博物館監修の「リアルサイズ古生物図鑑 古生代編」(技術評論社)が選ばれた。イチオシ本を集めたフェアが16日から県内57の書店で開催され、公共図書館などでもパンフレットが配られる。

 司書有志でつくる「埼玉県高校図書館フェスティバル」実行委員会が11年から毎年実施。今回は17年11…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです