メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチオシ本

高校生向け、司書が発表 きょうから57書店フェア /埼玉

 県内の高校図書館司書の有志が、過去1年間に出版された本の中から高校生に読んでほしい本を選ぶ「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2018」が15日に発表された。1位には、土屋健さん著・群馬県立自然史博物館監修の「リアルサイズ古生物図鑑 古生代編」(技術評論社)が選ばれた。イチオシ本を集めたフェアが16日から県内57の書店で開催され、公共図書館などでもパンフレットが配られる。

 司書有志でつくる「埼玉県高校図書館フェスティバル」実行委員会が11年から毎年実施。今回は17年11月から18年10月までに出版された本を対象に、118人の司書による投票で180冊の中から10点を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. 加藤厚労相、新型肺炎に「インフル治療薬アビガン使用を検討」 テレビ番組で表明

  4. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです