メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年度一般会計当初予算案 4.8%増の5808億円 国内外観光誘客に注力 /石川

石川県の2019年度一般会計当初予算案

 県は15日、総額5808億8600万円(今年度比4・8%増)の2019年度一般会計当初予算案を発表した。県内企業の業績好調を受け、県税や地方消費税を合わせた「実質県税」は1846億円(同3%増)となり、5年連続で過去最高を更新した。2020年の東京五輪・パラリンピック開催や23年春の北陸新幹線敦賀延伸を見据え、文化施設や交通網の整備などに重点を置き、国内外の観光誘客に注力する。谷本正憲知事は「石川が日本海側のトップランナーになる足がかりを作る積極型の予算だ」と説明した。今月20日開会の県議会定例会に提出する。【日向梓】

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1416文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです