メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤枝市

19年度当初予算案 一般会計最大529億円 /静岡

 藤枝市は、2019年度の当初予算案を発表した。一般会計は前年度比4・1%増で、過去最大の529億8000万円となった。北村正平市長は「健康、教育、環境、危機管理への対応を拡充し、都市の魅力を高める」と述べた。

     主な事業として、焼津市と作る志太広域事務組合によるごみ処理場や斎場の整備費用に負担金として25億7788万円、企業誘致の補助金に3億5340万円を計上。新規事業としては、災害時に避難所になる市民体育館などの空調整備に2430万円、高齢者や障害者の就労を支援するマッチング事業に1000万円を計上した。

     全会計の市債残高は19年度で727億7000万円の見込みで、08年度に比べて305億8000万円減少。市税は、住宅の新築が堅調で前年度比1・5%増の209億円を見込んだ。【大谷和佳子】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです