メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ASIAGAP

伊賀白鳳高が取得 ナシとブドウ安全生産 国際認証で地域貢献 /三重

ASIAGAPを取得して認定証を手にする伊賀白鳳高の生徒ら=三重県伊賀市の同校で、大西康裕撮影

 県立伊賀白鳳高(伊賀市緑ケ丘西町)が、農場(同市荒木)で栽培するナシとブドウについて安全な生産をしているとして、国際的な認証「ASIAGAP(アジアギャップ)」を取得した。

 GAPは、Good Agricultural Practice(農業生産工程管理)の頭文字。2017年夏に県が県立農業高全5校にGAP取得を呼び掛けた。同高は伊賀で栽培が盛んなナシとブドウを選び、生物資源科果樹専攻の3年生7人が18年4月から取得…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです