メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本

完成 1年生の“えらいこっちゃ” 地元小学生モデル 草津 /滋賀

滋賀県草津市立渋川小などをモデルにした絵本「えらいこっちゃのいちねんせい」=アリス館提供

 草津市の小学校などをモデルに、新1年生が戸惑いながらも学校生活になじんでいく様子を描いた絵本「えらいこっちゃのいちねんせい」が先月、出版された。モデルとなった児童たちは「もう『えらいこっちゃ』はないよ」「1年生の頃は大変だったなあ」と振り返りながら、絵本の完成を喜んでいる。【礒野健一】

「自分の話が本になってうれしい」

 「えらいこっちゃのいちねんせい」(かさいまり・文、ゆーちみえこ・絵、アリス館、1404円)は作者が市立渋川小(西渋川2)や同笠縫東小(平井3)などを取材した内容に基づく。きっかけは2017年4月、本の読み聞かせの活動をする「この本だいすきの会滋賀支部」の元教師、新谷照代さん(71)=草津市=が渋川小の2年生に、かさいさんの「えらいこっちゃのようちえん」を読み聞かせたことだった。

 幼稚園に入園したばかりの園児を描いた話だが、読み終わると児童からは「小学生にも『えらいこっちゃ』は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです