メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防犯訓練

大阪駅前の地下街で G20控え /大阪

防犯訓練で、胸ぐらをつかまれた際の手の振りほどき方を学ぶ従業員(左)=大阪市北区で、土田暁彦撮影

 6月28、29日に大阪市で日本初開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議に向けて、曽根崎署は15日、同市北区の地下街「ディアモール大阪」で防犯訓練を行った。約90店舗の従業員ら約200人が参加し、不審者への対処方法を学んだ。

 駅や地下街など不特定多数の人が集まる施設は「ソフトターゲット」と呼ばれ、テロの標…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです