肢体不自由

尼崎に専門施設新設 県予算案 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は脳性まひなどで肢体不自由になった子どもや大人の診療やリハビリテーション、相談をする県立診療所を尼崎市東大物町1の「尼崎だいもつ病院」内に新設する。2019年度の下期から一部の診療を始める予定で、19年度当初予算案に1億円を計上した。

 肢体が不自由な障害者は、18歳以上になると診療報酬が下がることも…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集