メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郡山城跡

学びの場に 大和郡山市、公園基本計画を7年ぶり改定 /奈良

郡山城跡=奈良県大和郡山市で、熊谷仁志撮影

 大和郡山市は「郡山城跡公園基本計画」を約7年ぶりに改定することを決め、案を公表した。城跡の国史跡指定と、今後取得する方針の旧県立城内高敷地の活用が前提で、「サクラが咲き金魚が泳ぐ歴史・文化と憩いの拠点」をコンセプトに掲げている。【熊谷仁志】

 案では、史跡保全と公園整備を両立させるため、史跡保全の基本方針で「築城当時の石垣や堀を有する城跡の環境を将来に引き継いで学びの場の提供を目指す」とし、公園整備方針では「歴史公園にふさわしい城郭の雰囲気を体験できる公園空間づくりを目指す」と明記した。

 2017年春に展望施設がオープンした天守台など城跡の中心部を「歴史文化体験ゾーン」、天守台西側の旧…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです