メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本農業遺産

海南の「蔵出しみかん」が県内初 300年の技術や地域文化評価 /和歌山

土蔵で貯蔵される蔵出しみかん=和歌山県海南市下津町青枝で、木原真希撮影

 農林水産省は15日、海南市下津の全国でも珍しいミカン貯蔵技術「下津蔵出しみかんシステム」を日本農業遺産に認定した。県内では初の認定。地元の農業関係者はブランド価値が高まると期待している。

 蔵出しみかんは毎年12月に収穫し、湿度や温度の変化が少ない土蔵で特製の木箱に入れて貯蔵する。1~3カ月間熟成させると、余計な水分や酸味が抜けて甘くてまろやかな味になる。

 海南市やJAながみねなどでつくる協議会が昨年6月に申請した。農水省は書類や現地調査などで審査し、貯…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです