メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朗読劇

文化人・菅茶山の生涯にスポット 稽古に熱 福山市立大演劇サークルと市民有志、来月2日上演 /広島

着物や笠を身にまとい朗読劇の練習をする出演者=広島県福山市港町2の福山市立大で、松井勇人撮影

 江戸後期の備後の儒学者で漢詩人、菅茶山(かんちゃざん)(1748~1827年)の生涯を描いた朗読劇「梅花の契り 菅茶山と頼山陽」公演に向け、市民グループ「温故知新」メンバーと福山市立大の演劇サークル「シアターハーバー」部員が稽古(けいこ)に励んでいる。上演は3月2日午後2時、福山市神辺町川北の市神辺文化会館。【松井勇人】

 温故知新は、神辺町の歴史や文化を受け継ぎたいと考えた有志が昨年3月に結成。朗読劇は昨年生誕270年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです