特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

躍進の春へ

富岡西・選手紹介/6 チーム一の努力家 吉田啓剛三塁手(2年) /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
守備練習に励む富岡西の吉田啓剛三塁手=徳島県阿南市富岡町の同校で、岩本桜撮影 拡大
守備練習に励む富岡西の吉田啓剛三塁手=徳島県阿南市富岡町の同校で、岩本桜撮影

 <第91回選抜高校野球>

 「太陽みたいに元気でいたい」と、人一倍声を出してチームを盛り上げる。プレーでは、広い守備範囲や強肩、好機に強い打撃が持ち味。昨秋の公式戦では打率5割とチーム2位の好成績を残した。

 野球を始めるきっかけとなった兄2人も学校OBで、文武両道の校風にひかれて自身も入学。通学に1時間かかるが居残り練習も惜しまず、仲間からは「チーム一の努力家」と一目置かれている。

 新チーム発足時は「ミスしてはいけない」と緊張するあまり、エラーを恐れて体や表情が硬くなった。殻を破ったのは8月の県外遠征。練習試合で連続3回トンネルしたが「もう皆に隠すことはない、全部さらけ出そう」と開き直り、それ以降は緊張がほぐれて思い切った守備ができるようになった。

 最近でも、ゴロ捕球の姿勢を意識し、守備の精度を高めている。センバツまでの限られた時間で集中して練習に取り組み「一日でも多く甲子園のグラウンドに立つ」と誓う。【岩本桜】

次に読みたい

あわせて読みたい