メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

統計調査変更 「官邸関与」で応酬 アベノミクス偽装→←問題意識は妥当

厚生労働省検討会の議事録が配られた衆院予算委員会理事会に臨む与野党の議員ら=国会内で2019年2月15日、川田雅浩撮影

 厚生労働省は15日、毎月勤労統計の調査方法の見直しを議論する有識者検討会が2015年7~9月に開いた会合の議事録を公開した。座長が同年8月の会合で、見直しに否定的な考えを示したが、同年9月の会合で同省幹部が変更の検討を表明。その後、検討会は立ち消えとなり、18年1月に新しい調査方法が導入された。野党は15日の衆院予算委員会で「官邸の働きかけ」を追及し、政府側は真っ向から反論した。

 「アベノミクスの成果ということで毎月勤労統計の賃金、特に実質賃金の動きが世の中的に大変大きな注目を…

この記事は有料記事です。

残り1838文字(全文2080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです