メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

統計不正問題と官僚=保阪正康

国を誤らせる愚民意識

 10年余りも前の拙稿に触れるのは気がひけるが、あえて触れたいのは官僚の生態が依然として同質のままだからだ。その稿(「文芸春秋」2008年11月号)の出だしは、「これほどまでに官僚の失政が相次いだ時代があっただろうか」であり、07年から08年にかけての不祥事の根源に何があるのかを問うた。農薬やカビに汚染された事故米が我々の食卓に入り込む。農林水産省の手抜き行政の結果である。5000万件の年金記録が失われていたのは、社会保険庁のあまりにもずさんな管理が原因だ。いくつかの官僚失政が重なった。

 第1次安倍晋三内閣の総辞職は、こうした失態も一因であった。この時私は、外務省勤務経験のある佐藤優氏…

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文2027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです