メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対イラン

米・イスラエルとアラブ、呉越同舟 欧州と温度差鮮明

イスラエルのネタニヤフ首相(左)と握手をするペンス米副大統領=ポーランドの首都ワルシャワで2019年2月14日、ロイター

 【ウィーン三木幸治】米政府は13、14日にポーランドで中東の安全保障問題を協議する閣僚級会合を開いた。シリアなどで影響力を強めるイランへの国際的な「包囲網」を強化するのが狙いで、会議には歴史的に対立してきたイスラエル、アラブ諸国を含めた約60カ国が参加した。だが、イランとの核合意を重視する独、仏は外相派遣を見送るなど、米国と欧州の温度差が鮮明になった。

 「中東の平和と安定にとって、最大の脅威がイランだ」。米国のペンス副大統領は演説で、激しくイランを非…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1270文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 大麻取締法違反容疑
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 売春あっせん疑い ビッグバン元メンバー、V・I氏出頭 韓国地裁が逮捕状審査
  5. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです