メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和牛

「不正流通は損賠請求も」 受精卵管理で初会合

 農林水産省は15日、和牛の受精卵や精液の適切な流通管理の手法を議論する検討会の初会合を開いた。出席した委員からは「不正な流通があった場合は損害賠償請求ができる仕組みを検討すべきだ」などと厳しい対応が必要との意見が出た。

 検討会は畜産関係者や弁護士らで構成し、不正流通を防ぐ対策を示すことを目指す。大阪府の男性による中国への不正な持ち出しが発覚したの…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです