岩根・関電社長

原子力事業、他電力と連携意欲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西電力の岩根茂樹社長は15日、国内の原子力事業を巡り「オールジャパンで原子力の課題を議論していく必要がある」と述べ、他の電力会社や原子炉メーカーとの連携に前向きな考えを示した。関電が他電力やメーカーとの連携に言及するのは珍しく、企業の垣根を越えた協力関係が広がる可能性もある。

 東京都内で記者会見した岩根社長は、「(…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文352文字)

あわせて読みたい

注目の特集