メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中閣僚級協議

決裂回避を模索 交渉期限延長探る

中国の習近平国家主席(右)と握手する米国のライトハイザー通商代表。左はムニューシン米財務長官=北京で15日、AP共同

 【北京・赤間清広、ワシントン中井正裕】米中の貿易戦争収束に向けた閣僚級協議は15日、北京で2日間の日程を終えた。覚書作成で合意するなど一定の前進はあったものの、双方の溝は依然深く、3月1日の交渉期限内の妥結は難しい情勢だ。ただ、交渉が決裂し貿易戦争が深刻化する事態は米中ともに望んでおらず、交渉期限の延長など善後策を探る動きが本格化している。

 「協力は双方に利益をもたらし、争いはともに傷つく。協力こそが最善の選択だ」。15日午後、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表ら米国側交渉団と会談した中国の習近平国家主席は、貿易戦争の早期終結に強い期待を示した。訪中に加わったムニューシン米財務長官はツイッターに「生産的な会合だった」と投稿した。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです