メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

拍車かかる無理な住宅取得=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 木造住宅の建築販売会社の営業マンが次のような話をしてくれた。「預金が100万円、年収400万円程度の若いサラリーマンが、3000万円前後の家の購入を申し込んでくる。その人たちに聞くと、残りの資金は全て銀行が超低金利で融資してくれ、住宅取得促進税制を活用すると10年間所得税がほとんどかからなくなるから、借家で生活するより得になると銀行に勧められたという。我々は家が売れるから大いにありがたいが、先行き大丈夫ですかね」

 今や給与が毎年上昇していく時代ではないし、金利も30年間固定とは限らず、いずれ元利返済が増えていく。子供が生まれ、教育費も必要になった時、その人たちは生活していけるのかと心配になる。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです