メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

紙面もネットも「デジタル毎日」 パソコン、スマホ、タブレットで 無料で使えるデジタル紙面

 宅配購読者の方が、追加料金なしで利用できる毎日新聞の「デジタル毎日」。紙面に掲載されている記事以外にも、さまざまな記事が読めます。「デジタル毎日」に登録して紙とデジタル、それぞれの良さをご体験ください。

    宅配購読者は登録だけ プレミアサイト読み放題に

     「デジタル毎日」を楽しんでいただくためには、会員登録が必要です。まだの方は、メールアドレスを準備して左記事の「サイトから簡単に」を参考に登録してください。

     メールアドレスが「毎日ID」になります。毎日IDはパソコンのほか、専用アプリをインストールしたスマートフォン(スマホ)やタブレット端末で、最大5台まで同時に使えます。ご家族の方が家庭や職場、学校などそれぞれの場所で楽しむことができます。IDを取得後にログインすると、デジタルで紙面が読める「ビューアー」やウェブのみに掲載されている豊富な独自記事をご利用できます。

     ■政治、経済、医療プレミア

     3分野のプレミア記事をご紹介します。パソコンの場合は上部の青い帯の上にある「プレミア」をクリック。スマホやタブレット端末の「毎日新聞ニュース」アプリは「連載・特集」から探せます。

     「政治プレミア」は、政治の未来を考え議論する場です。政治家の主張をお届けし、「憲法」や「消費増税」「児童虐待」など、さまざまな政治問題をユーザーのみなさんと考えていきます。有識者が務める「モデレーター」が論点を整理して掘り下げます。ベテラン記者のコラムもたっぷり読めます。

     「経済プレミア」は、「時代をとらえ知性を磨く」ためのビジネスサイトです。多忙な人々がいま必要とする最新情報やノウハウをお届けします。「IT・テクノロジー」「マネー・金融」などグローバルなニュースから「育児」「就活」「働き方」などの身近な話題まで、多様な記事を発信します。

     「医療プレミア」は、健康や体作りを意識するミドルエージ以上の方に向けて、「ウェルビーイング」(身体的、精神的、社会的に良好な状態)を目指す情報を提案します。食事や睡眠、心身を美しく保つ方法、病気や治療法を各界の専門家が丁寧に解説。高齢化社会を乗り切る知恵と工夫を考えます。

     ■プライム司法

     フェイク投稿、傷害致死、介護殺人……さまざまな事件を記者は丹念に追います。「プライム司法」では、新聞紙面で詳しくお伝えできない被害者の人生や、罪を犯してしまった人の境遇から現代の日本社会を描きます。

     東京・新橋のキャバクラ店で2017年夏、当時2歳の長女を育てながら働いていた19歳の少女が、店の関係者に暴行され死亡する事件がありました。動物病院の看護師を目指していたというシングルマザーはなぜこんな目に遭ったのでしょうか。宅配購読者の方は、事件の全公判を傍聴した記者の記録「10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴」を追加料金なしで読めます。

     ■見逃せないビューアー

     「宅配購読者無料プラン」に登録すると宅配購読者の方は追加料金なしで見られる「デジタル紙面」。旅行中や出張中でもいつもの新聞が、朝刊、夕刊は1週間分、スマホやパソコンで読めます。パソコンはニュースサイト上部の青い帯右端にある「デジタル紙面」をクリックして、スマホやタブレットで紙面をお楽しみいただくためには「App Store」か「Google Playストア」で専用アプリ「毎日ビューアー」を検索し、ダウンロードしてください。

     ■500円プラスで充実

     また、新聞購読料に加えて500円(税別)をお支払いいただくと、より充実したサービスが受けられる「宅配購読者プレミアムプラン」があります。「ウォール・ストリート・ジャーナル」や「サンデー毎日」「週刊エコノミスト」のデジタル紙面、旅行の割引やお得なサービスが豊富な「トクトクプレミア」がご利用できます。


    センバツLIVE! 今年はスポナビでも配信

    第90回センバツで優勝し、喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=森園道子撮影

     球春の到来を告げる第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は3月23日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕します。毎日新聞は今年も毎日放送と共同で、全試合を公式サイト「センバツLIVE!2019」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)でライブ配信します。夢の舞台・甲子園に全国から集った高校球児たちが繰り広げる31の熱戦を、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。

     今年は、「Yahoo!JAPAN」運営のスポーツ情報総合サイト「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも同時配信します。開幕に先立つ1月25日には、センバツ選考委員会での出場校決定の様子を大阪市内からお届けしました。

     公式サイトには大会に関する情報も盛りだくさん。練習に熱が入る各校の様子を伝える記事のほか、「平成」を振り返る企画、王貞治さんや松井秀喜さんら名選手のセンバツでのプレーを振り返る写真特集なども掲載しています。今年も「春はセンバツから」。どうぞご期待ください。


    サイトから簡単に

     紙の新聞とデジタルを両方楽しむためには「宅配購読者向けのプラン」にご登録ください。パソコン(PC)、タブレット、スマホのいずれでも簡単に手続きできます。

     毎日新聞のニュースサイト(https://mainichi.jp/)の画面右上にある「デジタル毎日申し込み」の文字をクリックし=写真<1>、開いた「デジタル毎日総合案内」ページで右下の「デジタルと紙の新聞両方楽しみたい方はこちら」=<2>=から、無料プランかプレミアムプランかを選択して、「お申し込みはこちら」に進んでください=<3>。毎日IDをお持ちの方はログインして、まだの方は毎日IDを取得後、手続きを進めてください。


     タブレットやスマホの方は、二次元コードから「デジタル毎日」案内ページにアクセスできます。

     お問い合わせは

     愛読者センター  0120・949・528

     携帯電話・PHS 050・5855・1410

     平日午前10時~午後5時(土・日・祝日は除く)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
    5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです